松江市

【松江】市民に愛される明治の文豪「小泉八雲記念館」で開かれた精神の航跡を辿る

小泉八雲記念館

松江城近くの塩見縄手と呼ばれる通りに、明治の文豪「小泉八雲」の記念館があります。松江には教員として赴任し、今でも市民にはとても親しまれている人物です。

小泉八雲記念館には八雲ゆかりの展示品のほか、ライブラリーコーナーや、多目的スペースなどがあり、八雲の多面性と開かれた精神(オープン・マインド)の航跡を知ることができます。

今回は小泉八雲記念館の展示品や見どころをまとめました。

立派な門と庭園

入り口

こちらは入り口。とても立派な門構えです。

入り口をくぐるとお屋敷があります。掲げてある人物が小泉八雲です。

庭園も手入れされていて素敵。写真中央に写っているのは小泉八雲の遺髪塔(遺髪を納めている塔)です。

記念館の中は現代的

館内

中に入ると、そこは現代的な博物館!

本来館内は撮影禁止です。特別に許可をいただいて撮影・掲載しています。

ホログラム

展示室はホログラムの世界。いきなり怪談の世界の巻き添えを食う。おもしろいのは何となく洋風な点。オシャレ怖い、という空気。

展示室

展示室が左右に分かれていますが、左側から回ります。

足元

足元には地名がありました。八雲の住んでいた場所ですね。八雲はアイルランドやフランス、アメリカなど各国を放浪していたそう。館内が暗いので、タイムスリップしたような気持ちになります。

天井

上も見逃してはいけません。

展示室

中央に戻り右手を見ると、こっちは少し趣が違います。松江での生活風景。また違う世界に入り込めそうです。

展示品

どちらにも共通するのは「ユニークな物体」がたくさんあること。定番の昔のアイテムというより、不思議かわいいアイテムが出てきます。レトロアイテム好きにはおすすめですよ。

2階

続いては2階へ。

2階はライブラリーコーナー

ライブラリーコーナー

2階はライブラリーコーナー(図書館)になっています。八雲関係の本のみですが、広くておしゃれ。

イス

イスの高さと色が微妙に違うのが素敵。

パソコン

しかもパソコン完備。こういう部屋で仕事したいなぁ、とうっとりしてしまいますね。

おしゃれな文具がそろうミュージアムショップ

映像フロアとミュージアムショップ

エントランスには映像フロアとミュージアムショップがあります。

ミュージアムショップ

ミュージアムショップには、カリグラフィー&フォトのコラボハガキなど文具がずらりと並んでいます。おみやげにいかがでしょう?

異次元空間を楽しんで外に出ると、そこは江戸情緒あふれる松江。何だか不思議な時間を過ごせる場所、それが小泉八雲記念館です。ぜひ松江城と一緒に訪れてみてください。