松江市

【松江】花とイルミネーションのコラボ!松江フォーゲルパークの「ウインターナイトフェスティバル」

松江市には落ち着いた城下町のイメージがありますが、郊外には意外なスポットがあります。

それが、鳥や花と触れ合える松江フォーゲルパーク。敷地は32haと広大な土地に広がる国内最大級のガーデンパークです。

そんな松江フォーゲルパークでは、毎年12月にウインターナイトフェスティバルを開催。この広大なパークが美しいイルミネーションに彩られるんです。

今回はウインターナイトフェスティバル2020へ行ってきたレポートをご紹介します。

松江フォーゲルパークへは「ばたでん」こと一畑電鉄でGo

しまねっこ号

一畑電鉄は、「レイルウエイズ」という映画に登場したローカル私鉄。愛称「ばたでん」。

鉄道好きの間では風景のきれいさでも知られており、松江市から出雲大社に直行する唯一の公共交通でもあります。松江フォーゲルパークに行くには、この「ばたでん」がぴったりなのです。

しまねっこ

ちなみに今回乗ったのは「しまねっこ号」。車体ラッピングがきれいなだけでなく、中にはあみだくじ、そしてなんと「しまねっこ」本人??も乗っています。

しまねっこ号以外にも車両がいろいろあるので、乗車できるかどうかは運次第!

松江フォーゲルパーク

最寄り駅である松江フォーゲルパーク駅には松江しんじ湖駅から約15分。駅を降りると、すぐそこにフォーゲルパーク。とっても便利です。

ちなみに松江フォーゲルパーク駅は無人駅、乗る際は降車駅でお金を払う仕組み。ローカル電鉄なので、乗り降りには注意が必要です。

松江しんじ湖温泉駅窓口では、ウインターナイトフェスティバルの前売りチケットが買えます。通常よりも70円お得です。

エントランスではフクロウがお出迎え

ウィンクするふくろう

エントランスに入るとかわいいフクロウさんが出迎えてくれました。こっちを向いてくれる愛嬌ものが何ともキュート(*^^*) 

ふくろう

ドアップな写真も撮れちゃいます。

白ふくろう

また園内にはフクロウハウスがあり、触れる距離でフクロウを見ることが可能。いろいろな表情やポーズを目の前で見ることができます。

フォーゲルパークでは触ってはいけない鳥や写真撮影ができない鳥もいるため、飼育員さんの指示にしたがってください。もちろん手洗いも大事です。

花とイルミネーションのコラボは圧巻

ガーデンハウス

エントランスを抜けると、フォーゲルパークメインのセンターハウス。

天井からベコニアなどが釣られた広いガーデンハウスになっています。広さは何と8千平方メートル、この中に1万種もの花が飾られているんです。

イルミネーション

ウインターナイトフェスティバルでは、そのセンターハウスにイルミネーションを施した圧巻の美しさを見ることができます。

イルミネーション

花とイルミネーションのコラボ、見とれるしかありません。

縁結びの地「松江」らしく、ハートのイルミネーションもありました。

多肉植物

ちなみに、センターハウスでは多肉植物などの購入も可能。ハーバリウムやガーデングッズも充実。見ているだけでもきれいでワクワクしちゃいます。

音の饗宴も楽しめるステージイベント

ステージイベント

中央にあるスペースではステージイベントも。

日によってハンドベルやバンド演奏、ピアノ&ヴァイオリンなどイルミネーションと音の饗宴も楽しめます。

また、ウインターナイトフェスティバルでは、この広さを活かし「雪だるまを探せ」というイベントも開催しています。

雪だるまは全部で4つ。思わぬところにミニ雪だるまが仕込まれていたりするのでぜひ探してみてください。

笑いがいっぱいのナイトフクロウショー

フクロウ

ウインターナイトフェスティバルで見逃せないイベントが夜のフクロウショー。フクロウは夜行性、夜はイキイキ(*^^*)

フクロウ

何とお客さんの方に向かって、猛然と飛んで来たりするんです!必死でよけねばならず、これも迫力満点。

しかし、気まぐれなフクロウは飛ばないこともあり、お客さんにウケるシーンも。

フクロウだけでなく、高速飛行できるカケスも飛んでおり、迫力倍増!

夜の鳥たちとの触れ合いも迫力満点!

夜の鳥

ウインターナイトフェスティバルでは、夜の鳥たちとも触れ合えます。

水鳥庭園では、白鳥やトキ、孔雀などが目と鼻の先に!自然を活かした造りなので、鳥たちもとてものびやかに過ごしています。

トキ

大きな声で鳴いたり、突然羽ばたいて、こちらへ来たりと迫力満点。せっかくなので、トキのえさやり(100円)にチャレンジ。

トキ

「餌だぁああああ!」と襲うトキ・・そして襲われる人間、くちばしが長いので痛いよ~!餌がなくなってもたくさんついてきました!((+_+))

ハシビロコウ

そしてもう1つのコーナーが熱帯鳥温室。

ここでは時々テレビに登場する絶対に動かない鳥「ハシビロコウ」を見ることができます。

ハシビロコウ

夜の姿はとっても貴重。なんだかぼさっとしており・・やはり動きません!写真が撮りやすい鳥さんです。

アヒル

ほかにもアヒルなどを抱っこできるコーナーや鳥のくじ引きがあります。鳥好きな人はいろいろな体験をぜひ楽しんで!

イルミネーション

また、各エリアにもイルミネーションがあり、素敵な雰囲気。各コーナーにあるおみやげや仕掛けも見逃せません。

松江フォーゲルパークは、きれいなだけではなく、鳥との触れ合いも楽しめる体感型施設。

イルミネーションとの競合が楽しめるのは12月の土日限定、この時期にぜひ訪れてみてください。